Googleが教えるブログでやるべき12の事

Googleが教えるブログでやるべき12の事

ブログを書こう!

 先日、グーグルがSEO初心者向けのスターターガイド(Google SEO対策30の事参照)を公開したのは記憶に新しいですが、今回は新たにブロガー向けのガイドが公開されたと、Saad Kamalというブログで紹介されていたので、見に行って来ました。

 このドキュメントはPDF版ではなく、Google Webmaster Help Center内のドキュメントです。日本語版も探してみましたが、見つかりませんでしたので、以下に紹介します。

まずなぜブログを書くと良いのか?

 以下の3つの理由から、グーグルはブログを書くことを薦めています。

  • A blog is a great way to connect with people who share your interests, or to publicize your site or product: ブログは同じ趣向を持つ人と『つながり』を持つための有効なツールです、またあなたのサイトや商品を宣伝するのにも最適です。
  • Blogs are easy to create and update: ブログは作成するも、アップデートも簡単です。
  • Rich, useful, and original blog content will encourage readers to come back to your site: 豊富で、有益で、ユニークなコンテンツを持つブログにはファンが何度も訪れてくれます。

 以下、グーグルが教えるブログでやるべき事です。

質の良いコンテンツを作る方法

1. 良いコンテンツを頻繁に書く: 頻繁にアップデートされるサイトに人は戻ってきます。そのためには、コンテンツのテーマを一定に保ちつつ、読者にとって有益である必要があります。有益な記事を週に一回書くほうが、質の低い記事を毎日書くより有効です。ブログテーマに関するトピックを検索してみて、良い回答が見つから無かったら、まだ誰もそのことについて記事を書いていないということです。他の人もそのトピックを検索する可能性がありますから、記事にする価値があるでしょう。
参考記事:「Googleが書けと言う『有益なブログ記事』ってなんだろう?

2. ウェブマスタガイドラインを守る: ブログもHTMLサイトと同じく、ウェブマスター向けのガイドラインを守りましょう。また、Flash や画像などのテキスト以外のファイルに関するガイドラインもよく確認して下さい。

3. 記事を分類する: カテゴリーでの分類やタグ付けで記事をきちんと整理することは、ユーザーがあなたのブログをブラウズするのに役立ちます。

4. ユーザー(とクローラー)があなたのブログを見つけやすいようにする: メインサイトのホームページや他の主なページからあなたのブログにリンクしましょう。また、メインサイトと同じURL上でブログを作成することを検討してみて下さい。(例: http://blog.example.com または www.example.com/blog)

5. コメント・スパムに対処する: コメントを可能にすることは、ブログを使ってコミュニティを形成したり、ディスカッションを生み出す一助となります。ただし残念なことにスパマーはこの機能を悪用します。もし、コメント・スパムが発生した場合にはコメント スパムを防ぐ方法を参考に対処しましょう。

6. アフィリエイトサイト向けのガイドを参考にする: グーグルは全てのウェブマスターがユーザーにとって価値のあるオリジナルなコンテンツを作成することを奨励しています。この点は、アフィリエイトプログラムに参加しているサイトには特に重要です。もし、あなたのサイトがアフィリエイトプログラムに参加しているのであれば、あなたのサイトを検索結果で上位表示させるためにやるべきいくつかのステップがあります。「アフィリエイトプログラムについて」を参考にして下さい。

読者とクローラーがコンテンツを見つけやすいようにする方法

7. 説明的なタイトルつける: 記事タイトルに記事の内容を的確に表現するような名前をつけることは、ユーザービリティの向上に繋がります。また、記事タイトルはよく記事のURLに転用されます。この場合、検索エンジンはURLから記事の内容を読み取ることが出来ます。(これは、英語の場合ですが、日本語でも日本語URLはもちろん可能です。ただし、Googleが日本語URLからどれだけの情報を読み取っているかは不明です。)

8. オンライン・コミュニティとつなげる: インターネット上には様々なテーマのブログ・ネットワークが既に形成されています。あなたのブログテーマに関するコミュニティも存在するはずです。自分のブログ・テーマと関連する、他のブログを訪問し、コメントを残し、ディスカッションに参加しましょう。また、フォーラムがあれば参加しましょう。成功のカギは、あなたがコミュニティにたいして価値を提供することです。有益な情報を提供し、思慮深いコメントを残せば、それを見た読者があなたのサイトを訪問する可能性は高いでしょう。

9. フィードを配信する: 読者にあなたのブログの更新を知らせる機能である、フィードを配信することを強くお勧めます。一般的に、RSSリーダーで記事を全て読める、フルコンテンツのフィードを読者は好みます。この場合、短期的には読者があなたのブログに実際に足を運ばなくなる可能性もありますが、長期的には読者を確保し、マインドシェア(ブランドイメージ)を獲得するのに有効です。究極的に言って、固定読者の方が、たまに訪問するビジターよりも価値があるということは頭に入れておくべきでしょう。

ブログでのウェブマスターツール活用方法

10. ブログをウェブマスターツールに登録する: ブログをウェブマスターツールのアカウントに登録するのは簡単です。アカウントへのサイトの追加を参考にして下さい。

11. ブログの所有権を確認する: ウェブマスターツールでブログの詳細なデータを見るには、サイトの所有権を「確認」する必要があります。詳細は、アカウントへのサイトの追加を参考にして下さい。

12. サイトマップを送信する: サイトマップはグーグルにあなたのサイトのコンテンツを知らせるためのすばらしい手段です。サイトマップの送信がないと、あなたのサイトのコンテンツを見つけられない場合もあります。グーグルはサイトマッププロトコール0.9を採用したサイトマップを好みます。ただし、その他にもいくつかのフォーマットに対応しています。RSSやAtomフィードを配信している場合は、これらのフィードをサイトマップとして送信することも可能です。サイトマップについても参考にして下さい。

画像提供:
Tooth Paste for Dinner: おもしろTシャツサイト

この記事をつぶやく! (*゚▽゚)ノ”

Posted 2008-11-25 (Tue) 15:06  Updated 2010-01-03 (Sun) 19:16
Category: Google 対策 WordPressのカスタマイズ   Tag: ,

Comments

  1. [...] 「Googleが教えるブログでやるべき12の事 – 海外のSEO対策・SEOツールをわかり…」 [...]

  2. [...] 少し前に、Googleが教えるブログでやるべき12の事という記事を書きました。 他のブログでも取り上げて頂いたりして、いくつかリンクも頂いたので読みに行くと、以下の部分に「?」と感じた方々が多いようです。 良いコンテンツを頻繁に書く: 頻繁にアップデートされるサイトに人は戻ってきます。そのためには、コンテンツのテーマを一定に保ちつつ、読者にとって有益である必要があります。有益な記事を週に一回書くほうが、質の低い記事を毎日書くより有効です。 [...]

  3. [...] Googleが教えるブログでやるべき12の事 [...]

  4. [...] Googleが教えるブログでやるべき12の事 – 海外のSEO対策・SEOツー…のseoツールなど、アクセスアップに効果的な最新情報を紹介します。 先日、グーグルがseo初心者向けのスターターガイドを公開したのは記憶に新しいですが、ブロガー向けのガイドが公開されたと、saad kamalというブログで紹介されていたので、見に行って来ました…はてなブックマークより [...]

  5. [...] Googleが教えるブログでやるべき12の事 [...]


Comment Closed




客は、「あんたそんなに頼んで、ほんとに全部食べられるの?!」っておかーちゃんに言われてる子供と一緒。 »
« Google SearchWikiが登場したって変らない、SEOの4つの基本