グーグルの2007年内部文書を読んだ感想など

グーグルの2007年内部文書を読んだ感想など

グーグルの内部文書、品質採点者(Quality Rater)向けガイドライン “Google Spam Recognition Guide for Quality Rater” をひととおり読んでみて思ったことが二つあります。

ひとつは、
グーグルも実際の「人間の目」を使って、こんなにも細かく検索結果に現れるウェブサイトをチェックしていたのかという驚き。

もうひとつは、
この文書に書かれていた内容は基本的に、Googleのウェブマスター向けガイドラインや、Yahooのサイト管理者向けヘルプに書かれている内容と同じ、ということです。(ウェブサイトを採点する人用のガイドラインとウェブサイトを作る人向けのガイドラインが違ったら逆に困るわけですが。)

GoogleやYahooはこれらのページで検索エンジンが求めているウェブサイトの基準を我々に明かしているわけで、この基本が大事だと、改めて感じました。
さらに、Googleのウェブマスター向けガイドラインとYahooのサイト管理者向けヘルプを読み直してみると改めて感じるのは、両検索エンジンが求めているのは独自コンテンツ、ということですね。

しかもグーグルが人間の目を使ってチェックしているということは、コンテンツの量だけではなく質もしっかりとチェックされる、ということが容易に予想できます。

三回目の記事に書いた、アフィリエイトサイト、PPC広告サイトに関する記述では、歌詞サイトがOK、レシピサイトは付加価値が高いなど、上記のガイドラインやヘルプページには書かれていない新しい情報もありましたが、結局は独自コンテンツが重要視されているということに集約されると思います。

前回の記事でも引用しましたが、重要な一節なのでもう一度引用したいと思います。

“When trying to decide if a page is Spam, it is helpful to ask yourself this question: If I remove the scraped (copied) content, the ads, and the links to other pages, is there anything of value left? If the answer is no, the page is probably Spam.”
直訳:「あるウェブページがスパムであるかそうで無いのか判断をするさいには、以下の質問を自分にしてみると良い。『もし、このページから、コピペコンテンツと、広告と、その他アフィリエイトリンクを取り除いたら、何か価値のある情報は残るだろうか?』その答えが『ノー』であるならば、そのページはきっとスパムであろう。」

最強のSEOは「質の高い独自コンテンツを持つこと」。
この基本をもう一度、噛み締めたいと思ったしだいです。

この記事をつぶやく! (*゚▽゚)ノ”

Posted 2008-03-19 (Wed) 11:11  Updated 2008-10-29 (Wed) 16:00
Category: Google 内部文書レビュー   Tag: , , ,

Comments

  1. anishio says:

    私も今回はいろいろ参考にさせていただきました。
    有益な記事に感謝しております。

  2. Soba says:

    Googleがワザと流出させたのでは、とちょっと思いました。

  3. sugane says:

    sobaさん、
    その可能性は十分にあるでしょうね。


Comment Closed




グーグルの2007年内部文書レビュー第三回:スパム定義の詳細 »
« 被リンク獲得のために無料レポートを配布する