キーワードアドバイスツールの一覧

キーワードアドバイスツールの一覧

日本語対応のキーワードアドバイスツール

Google AdWords Keyword ToolGoogle AdWords Keyword Tool
キーワード検索回数や関連語句をを表示してくれるツール。複数の言葉を入力する場合は、改行すること。関連語句はロングテールページを作成する際や、アドワーズの広告出稿時のキーワードリストの作成に役立つ。また、サイト記事のに含める関連語句のアイディアを探すのにも使える。

Market SamuraiMarket Samurai
これは有料のインストール型のキーワードリサーチソフト。Googleのデータを元にしたキーワードアドバイスツールで、Googleに上位表示されている10位までのサイトの解析が可能:ドメインや各ページへの被リンク数、ドメインエイジ、PRなど。ヤフカテ登録の有無などはYahoo.comのデータでYahooJapanには対応していない。ほとんどの機能が日本語他、各国語、各地域に対応。ライバルの弱いニッチキーワードを『特定する』のに非常に便利で、今では、ぼくのキーワードリサーチには欠かせないツールになった。

通常のキーワードリサーチは一番上のキーワードアドバイスツールがあれば十分だ。ぼくは、ニッチキーワードを探すときには時間短縮のため多機能なMarket Samuraiを併用する。いずれにせよ、上記二つ以外はほとんど使わないわけだけど、一応他のキーワードツールも紹介しときます。↓

フェレットプラス
非常に手軽な日本語の無料キーワードツール。本来は検索エンジンだけど、無料のユーザー登録をすると、キーワードの月間検索数を表示してくれる。フェレットプラスになって、さらにパワーアップした。
( 参考記事:Ferret と 無料登録ドットコムのデータはどこからきているのか? )

Google AdWords Traffic Estimater
Adwordsにそのキーワードで広告を出したときの訪問者数を予想してくれる。

Google キーワード最適化ツール
Adwords用のツールで、自分がまだ広告を出していないキーワードの中から、出したほうがイイキーワードを提案してくれる。以前は英語のサイトだったけど、日本語になったね。無料。アドワーズアカウントなしでも、単純にキーワードアドバイスツールとして使える。
( 参考記事:Google Search-Based Keyword Toolが足りないキーワードを教えてくれる )

Google トレンド・日本語版
検索キーワードの検索回数の増減をグラフで表示してくれる。上昇キーワードなのか、下降キーワードなのかが一目でわかる。

Wikipedia article traffic statistics
ウィキペディアの各記事への訪問者数を調べられるツール。ウィキペディアで人気のキーワードは一般の検索エンジンでも多く検索されているはず。Google トレンドとともに、キーワードの人気度チェックに使える。
( 参考記事:ウィキペディアのキーワード検索数を調べるツール )

Detecting Online Commercial Intention
URLや検索キーワードを入力すると、そのURLを訪問するユーザーや、そのキーワードで検索するユーザーの購買意欲を過去のデータから%ではじき出してくれる。(1.0は100%買い物目的のユーザー。0.5は50%買い物目的のユーザー、残り半分は買い物以外の目的で検索していると言う意味。) Microsoftの無料ツール。当然、購入意欲の高いキーワードでアクセスを集めると売上につながる。ターゲットとするキーワードを選出するのに有効。
( 参考記事:購入意欲を調べるキーワードツール: Sphinn Japan Blog )

キーワードハンター
2008年5月からサービスを開始した本格派のキーワードアドバイスツール。データー元はExcite、goo、BIGLOBE、@niftyなどの検索データーなので信頼性は高いです。ただ、利用料金が月額5000円なのと、半年分(3万円)一括払いなのはいいとして、半年間の利用回数を1000回までと制限付きなのが厳しいです。 いつのまにか、サービス終了してまいした。やっぱちょっと高かったよねぇ。
( 参考記事:キーワードアドバイスツール、キーワードハンターの試用感 )

海外のキーワードアドバイスツール

SEO BOOK KEY WORD SUGGESTION TOOL
後述のWord Trucker のデーターを使用している無料のキーワードアドバイスツール。英語圏では非常に定評のあるSEObookが提供しているツールです。

Word Trucker
非常に多機能な有料のキーワードアドバイスツール。7日間の無料お試し期間あり。また、シンプルな無料版もあります。
( 参考記事:英語の無料キーワードアドバイスツール )

Keyword Discovery
Word Truckerと同じく、非常に多機能な有料のキーワードアドバイスツール。無料お試し期間あり。世界中の様々な検索エンジンから、検索語句を収集しているようです。そのため、各国語(地域)に対応していますが、残念ながら日本語を含むアジア圏の言語には現在未対応です。対応している地域は、オーストラリア、カナダ、オランダ、フランス、ドイツ、イタリア、ノルウェー、ポーラーンド、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、イギリス、アメリカです。

Keyword Spy
ライバルサイトがどんなキーワードでアクセスを稼いでいるかを解析できる。

SEMRush
SEO Diggerの後継ツール。

この記事をつぶやく! (*゚▽゚)ノ”

Posted 2008-11-06 (Thu) 13:51
Last Updated 2010-04-24 (Sat) 18:24