アフィリエイトサイトやニッチキーワードサイトを作成してアクセスを集めるためにやるべき事のリスト…というかほぼマニュアル

アフィリエイトサイトやニッチキーワードサイトを作成してアクセスを集めるためにやるべき事のリスト…というかほぼマニュアル

アフィリエイトサイトやニッチキーワードサイトを作成してアクセスを集めるためにやるべき事これは自分自身のためのTo-DOリストとして作成しました。

ぼくがアフィリエイトサイトを作ったり、ネットショップのサテライトサイトを作ったりする場合に行っている事です。つまりぼくがやっていることはここに書いた程度のことです。ノウハウ的にはたいしたことありません。みなさんの参考になればと思いアップします。
アフィリエイトサイトを作ったり、ネットショップのサテライトサイトを作ったりする場合には、ニッチキーワードをメインキーワードとしてサイトを作成するとやりやすいと思います。このTO-DOリストもニッチキーワードでサイトを作成するときのためのものです。

「月間検索回数が何回から何回ならニッチキーワード」というような定義はないと思いますが、ぼく自身が便宜上使っている定義は以下のとおりです。

メインキーワードとなるニッチキーワードの条件は以下の2つ。
a.月間検索数3万回(1,000回/日)。一日、千回の検索で半数がサイトを訪問すれば、そのメインキーワードだけで500人の集客になる。場合によっては2万回くらいでもOK。これ以下のキーワードはロングテールキーワードとして捉えています。

b.競争率が低いこと。キーワードをGoogleで検索して、上位十位以内に表示されているサイトを見たときに、ヤフカテサイトが5つ以下、ページランク3以下のサイトが2つ以上、表示されているページ(勿論サイト全体への被リンク数ではない)への被リンク数が50以下のものが1つ以上、が目安。(これはあくまで目安。慣れてくれば感覚的にも、狙えるSERPsかどうかが見えてくる。)

以下がTO-DOリストです。

STEP1 キーワードリサーチ

*キーワードリサーチの目的は、サイト作成のメインキーワード(ターゲットキーワード)とするニッチキーワード(複合キーワードの場合が多い)を特定すること。

1.ブレインストーミング: 新規サイト作成の場合は、Amazon.co.jpの雑誌セクション楽天市場の売れ筋ランキング関心空間Googleトレンド急上昇ワードYahoo!急上昇ワードなどから、どんな商品、どんなテーマのサイトをつくるか、そのアイディアを得る。

2.サイトのテーマのアイディアが決まったら、Google AdWords Keyword Toolに手ごろなキーワードを入れて、先にあげた「ニッチキーワード」の条件の月間検索回数(2~3万回)を満たすものが出てくるまで探す。出てこなければ、ブレストのやり直し。別のアイディアを探す。

*Google Adwords Keyword Toolで良いキーワードが見つからない場合、Ask.jpなどの検索結果のURLをGoogle Adwords Keyword Toolに入力するという方法も試す価値あり。

3.Google Adwords Keyword Tool(Googleのデータ)で得たニッチキーワードの月間検索回数を、フェレットプラス(Yahoo!とGoogleの過去のデーター)での月間検索数と比べ、こちらでもそれなりの月間検索数が出てることを確認する。Googleとフェレットの数字を比べるとかなりの開きがあると思いますが、それぞれ使用しているデータが違うのでしょうがない。フェレットは確認程度。一万くらいの数字の開きは気にしない。

4.さらに、Googleトレンドでそのキーワードを検索してみて、継続して検索されているキーワードであることを確認する。過去に一時的に流行ったキーワードなどの場合はもちろんダメ。別のキーワードをトライ。

5.2~4で得た候補となるキーワードをGoogleで実際に検索してみる。上記に書いた「ニッチキーワードの条件のb」に該当する、競争率の低いキーワードであるかを確認する。

*1~5を繰り返し、メインキーワードを特定する。場合によってはその他のキーワードアドバイスツールも利用する。

*キーワードリサーチは、これから労力をかけてコンテンツを作成し、サイトを構築し、被リンク・ソーシャルメディアなどのマーケティングをしていくわけですから、条件をしっかりと満たすニッチキーワードが見つかるまでやります。キーワードリサーチでの妥協は絶対に禁物です。逆に言えば、ここで良いキーワードを見つければ、SEOの内部対策なんてほとんど必要ありません。これは内部対策に該当するSTEP3を見てもらえれば分かると思いますが、ものすごく簡単です。タイトルタグにキーワードを入れるのと、良い記事を書くことくらいです。競争率の低いキーワードを選ぶことで、SEOがものすごく楽になるということです。つまり、「時間をかけてでも、競争率の低いキーワードを探し出して、SEOで楽をするか」、それとも「競争率の高いキーワードをSEOを駆使して狙うのか」、このTO-DOリストではもちろん、前者の方法論を採用しています。

*2の過程で、メインキーワードに関連したキーワードも出てくる。関連キーワードはサイト構築の際にカテゴリー名として使用出来るので、書き留めておく。出来れば2,3個関連キーワードがあると良い。関連キーワードはメインキーワードより月間検索回数が低く、それでも月間1万回くらい検索されているものが理想。無ければ無いで良い。

STEP2 サイトの企画・構成

*STEP2 は紙に書き出すと良い。*ウェブサイトはコンテンツが命です。

1.サイトのスタイルを決める:情報提供型サイトなのか、商品紹介型サイトなのか、ブランディング型サイトなのかなどを明確にする。(自分なりのスタイルで良い。)

2.決定したサイトのスタイルを念頭に、コンテンツ作りのリサーチをする。ブックマークサイトブログコミュニティを中心にリサーチしネットユーザーが好むコンテンツを絞る。

3.リサーチに基づいて、コンテンツのアウトラインをまとめる。(ヴァイラル化しやすいコンテンツ、被リンクを受けやすいコンテンツを目指す。)

4.コンテンツの配置とキャッシュポイントを明確にする。基礎知識的な情報コンテンツはココ、用語解説はココ、口コミ情報はココ、商品レビューコンテンツはココ、などなど。それぞれのコンテンツをどのようにリンクするかなども決める。

5.サイトのスタイル、テーマにあったサイトカラー、デザインを考える。「テンプレート選びのコツ」参照(WPテンプレート用の記事ですが、考え方はHTMLサイトでも同じです。)また、サイトカラーなどに迷ったら、COLOURloversのカラーパターンを参考にすると良い。SEOテンプレートの一覧も参考にどうぞ。
*サイトの色やデザイン(外観)は、精読率、ブックマーク数、被リンク数、ファンの数に影響します。重要です。

STEP3 サイト構築

*HTMLでサイトを構築する場合も、ロングテール、ヴァイラル戦略として、必ずブログを併設する。この場合、『example.com/blog』の階層がベスト。

1.メインキーワードをホームページのターゲットキーワード、関連キーワードをカテゴリのターゲットキーワードとして、各キーワードをそれぞれのページのタイトルタグに入れる。

2.タイトルは、『キーワードを含むキャッチフレーズ|サイト名(ブランド名)』。

3.ターゲットキーワードがあるホームページとカテゴリページのメタディスクリプションは、クリックされやすい文章を意識して書く。WordPressの場合はAll in One SEO Pack を使う。

4.その他のページはロングテールを狙う。ロングテールなのでどんな語句で検索されるか分からないので、メタディスクリプションは書かない。(検索エンジンが決めてくれる。)

5.記事を書くときは、LSIを頭の片隅においておく。ボキャブラリー豊かな文章だと、思わぬロングテールを拾える。

*WordPressでサイト構築する場合は、以下6~8の変わりに「WordPressでブログを作ったらまずやる26項目―SEO・アクセスアップのためのカスタマイズ」をやる。

6.URLを正規化する。

7.XMLサイトマップを生成し、3大検索エンジンにサイトを登録。GoogleウェブマスターツールYahooサイトエクスプローラーMSN Webmaster Center (日本語解説記事:「MSN Webmaster Center登録」)。

8.Google Analyticsにサイトを登録。

STEP4 ソーシャルメディア戦略と被リンク構築を同時進行

*このステップの3~10は全て『継続して行う』マーケティング活動です。

1.各ソーシャルメディアの自分のプロフィールページにサイトURLを記載。(buzzurlnewsingYahoo!AmebamixiiddyTwitter…etc)

2.サイトからも各ソーシャルメディアのプロフィールページへリンクする。利用するソーシャルメディアはソーシャルメディアのリストを参考に。

3.ソーシャルメディアで活発に活動する=『貢献者』になる。これは、ブランディングとサイトへの誘導が目的。

*ソーシャルメディアからのサイトへのユーザーの訪問が増加すれば、ブックマークや被リンクも自然と増える。

4.Twitterをサイト更新のお知らせや、ブランディングに利用する。

5.テーマの関連するブログに“まじめに”コメントする

6.ブログ記事を定期的に書く。その際のポイントは3つ。①ロングテールを狙う。 ②LSIを頭の片隅においておく。 ③ヴァイラル化を狙う。(ブログのアクセスアップ法も参考に)

7.ブログとウェブサイトとソーシャルメディア、全体をつなげる(シンディケーションさせる)

8.商品画像、その他の動画や画像をサイトにアップする場合も、ヴァイラル化、シンディケーションをする。

9.質問系サイトに答えられる質問がないかときどき探してみる。

10.Flickrを利用してコンテンツと被リンクを手に入れる方法を実行。(3/21/2009追記)

*動画なり、ブログ記事なり、コンテンツを継続的に追加していきます。既にあるコンテンツも、ユーザーの反応を見ながら常にリバイス(見直し、改良)します。

STEP…気が向いたら

1.ディレクトリサイトに登録。ヤフカテ登録のコツも参照。

2.相互リンクをする

( トップ画像:Jump on the social media bandwagon by Matt Hamm )

この記事をつぶやく! (*゚▽゚)ノ”

Posted 2009-03-10 (Tue) 7:53  Updated 2010-01-03 (Sun) 19:15
Category: SEO 全般 インターネットマーケティング ソーシャルメディア   Tag:

Comments

  1. アドセンスで稼ぐための手順…

    マイミクに登録していただいている清音さんがアドセンスやアフィリエイトで稼ぐためのマニュアルを記事にされましたので紹介します。

  2. tomohiko11 says:

    いつも参考になる記事ありがとうございます。

    キーワードの調査の部分ですが、これから流行りそうなワードを探して先行投資するのも面白いですよ。競争相手がいないのですごく楽に上位に表示されます。博打的な要素も強いですが、予測の精度が高まれば費用対効果は高いと思います。

  3. [...] アフィリエイトサイトやニッチキーワードサイトを作成してアクセスを集… (tags: seo) [...]

  4. 清音 says:

    >これから流行りそうなワードを探して先行投資するのも面白いですよ。

    もちろん、ターゲットとするべきキーワードの種類はいろいろ考えられます。

    が、さまざまなキーワードがある中で、『ニッチキーワードを使ってサイトを作成する』という方法が一番確実な気がしますので、この記事ではニッチキーワードに特化させました。

  5. KumaCrow says:

    清音さん、こんにちは!(・∀・)/

    ここまで、情報を公開してしまうなんて、
    正直びびったッス。(´Д`;)いや、ちびった

    勉強させていただきます。

  6. 清音 says:

    KumaCrowさん、こんにちは。

    この手の知識の無料、有料の境目は難しいですよね。

    自己紹介文にも書いてますが、ぼくの考えでは「知識」は所詮「知識」で、それをいかに上手に実践するかが重要だと思いますので、ここに書いたことは、別に隠すほどのものでもないし、売るほどのものでもないと思ってます。

    キーワードリサーチでも、良いキーワード、商品を販売するのにぴったりはまるキーワードを見つけられるかどうかはセンスによるところが大きいですし、

    コンテンツを作るのも、企画力、文章を書く能力、デザインのセンスなど、経験、技術に大きく左右されると思います。

    つまり知識=実力ではないということで、このくらいは無料と考えてます。(もう少し、詳しくまとめて再現性を高めれば、まとめた労力分くらいのお金は取れるでしょうけど。)また、知識を実力に昇華させる塾やセミナーは、ものすごい労力と時間を要しますので、トレーナー料を貰って当然だと思います。

    結局は、このTO-DOリストを読んで頂いた方も、ここに書いてあることに、自分なりの企画力やセンスを加えることで実力に変っていくと思います。

  7. [...] アフィリエイトサイトやニッチキーワードサイトを作成してアクセスを集… (tags: SEO) [...]

  8. Anonymous says:

    月間検索数2万以下はロングテールってのは乱暴すぎると思いますよ。
    業界的には月間5千以上をビッグワードと定義する場合が多いですし。
    あと、単一キーワードなら、たとえ1位であっても流入はおおよそ20%くらいですね。

  9. 清音 says:

    >月間検索数2万以下はロングテールってのは乱暴すぎると思いますよ。

    乱暴かもしれませんが、記事にも書いているように、あくまでも「便宜上」の定義です。

    このサイト作成の方法ではメインキーワードと関連キーワード数個をターゲットにして、あとは細かくターゲットを設定しないというやり方なので、ターゲットキーワード以外はすべてロングテールと同じ扱いにしている、という意味です。

    >単一キーワードなら、たとえ1位であっても流入はおおよそ20%くらい

    CTRはキーワードの選別よっても、タイトルやディスクリプションの書き方によってもまったく変ってくるでしょう。センスと技術の問題でしょうね。

  10. SEO対策 says:

    はじめまして。
    読み応えたっぷりの記事ですね。
    びっくりしました。
    私が閲覧したのはGoogle検索エンジンからです。
    キーワード「SEO」でいい感じじゃないですか^^
    これからもさまざまな検証、よろしくお願いします。
    また見に来ますね。

  11. 清音 says:

    ほんとだ!11位でぎりぎりトップページにいますね。
    新しい記事だし、ハネムーン的なことでしょうか?
    すぐ消えそうなので記念にスクリーンショット撮っときます。:)

  12. ブログの個別記事が1ページ目って初めて見た気がします。何かの変化の始まりだと嬉しいのですが。

    それと、ヘッダー画像を変更されたんですね。「まじ、わかりやっスぃ~。」がなんだか素敵です。

  13. 清音 says:

    ヘッダーは「完全に、人をなめきってる感じ」にしようとしたらああなりました。:)なぜなめきってる感じにしたくなったのかは不明ですが。

  14. お宝キーワードを探す為の11(7+4)のツールや方法…

    SEO以前にキーワードが重要なのは言うまでも無いことですが、ネットビジネスにおいては

    キーワード選びは非常に重要な課題です。そこで、効率よくキーワードを探す為の

    Webツー…

  15. [...] アフィリエイトサイトやニッチキーワードサイトを作成してアクセスを集… マニュアルと言ってもいいほどの充実した内容。 これは実践したいものです。 (tags: seo) [...]

  16. 「海外のSEO対策・SEOツールをわかりやすく解説ブログ」の紹介…

    最近の記事、Googleの内部文書レビューを読んだで読みましたレビューを書かれたブログの内容が…

  17. はじめてのSEO対策…

    SEOって聞いたことはあるけど、実際にやったことはなかったんですが。 最近とても興味が湧いてきたので、調べてみました。 SEOとは googleとかの検索に引っかかりやすくするためのテク…

  18. [...] アフィリエイトサイトやニッチキーワードサイトを作成してアクセスを集… [...]

  19. [...] アフィリエイトサイトやニッチキーワードサイトを作成してアクセスを集… – やること一通りあげるとこんな感じになる [...]

  20. はじめまして、アフィリ息子さんからきました。
    物凄く読み応えのある記事でびっくりしました。
    本当にありがとうございました!

  21. こんにちは、
    なかまつと言います。

    現在、キーワードについて、
    いろいろ勉強している段階だったので、
    とても参考になりました^^

    こんなやり方があったんだな!!って、
    本当に目からうろこ状態です^^

    ありがとうございました^^

  22. 非常に参考になりました。

    フェレットとグーグルアドワーズの検索数の違いを
    気にしていましたが、参考程度にとどめておいたほうが
    よさそうですね。


Comment Closed




SEO・HTML・WordPress他のチートシート7選 »
« Flickrを上手に利用してコンテンツと被リンクを手に入れる、ソーシャルメディアマーケティングの実践方法