Ferret と 無料登録ドットコムのデータはどこからきているのか?

Ferret と 無料登録ドットコムのデータはどこからきているのか?

先日書いた記事、英語版無料キーワードアドバイスツール でもちょっと触れたましたけど、現在日本語のキーワードアドバイスツールで広く利用されているものといえば、フェレット (Ferret) と無料登録ドットコムのキーワードアドバイスツールだと思います。

ところが、ここで多くの人が疑問に思うのは、「Ferret にしても無料登録にしても月間検索回数などを算出するデーターはどこからきているの?」ということですよね。

結論を先に言うと、「Overture の過去のデータから現在の月間検索回数を算出している」ということです。つまり、Ferret にしても無料登録にしてもあくまで「推定」の検索回数で実数では無いということですね。

もっとも、Ferret はそれ自体が本来は検索エンジンなので、自サイトでの検索回数などもデーターとしてもっているわけですから、そのデーターと過去のOvertureのデータを照らし合わせてうまいことすれば、結構正確な数字が出せるのではないでしょうか。

この辺は、やはり先日の記事に書いた、WordtruckerDogpile という検索エンジンのデーターをもとにGoogleやYahooの検索回数を推測しているのと同じですね。

と、このへんのことは大体予想はついていたんですが、先ごろ、この件に関して実際にFerretに問い合わせたという人の記事を見つけました。
内容は大体すでに書いたとおりなんですが、非上に興味深い記事なので是非参考にしてみて下さい。
(GRANADA Hatena @ sotarok : 「Ferretに問い合わせてみた」、2007/10/20)

さて、Ferret や無料登録で得られる検索回数が実数で無いとすると、キーワードの選出はどうやってするのが一番いいのか?

ぼくはまず最初に、やはり Ferretや無料登録で大体の検索回数をつかみます。

その次に、該当するキーワードの場合は先日紹介したウィキペディアのトラフィックツール でさらに人気度を調べ、

最後に、アドワーズのキーワードツールなどでもそのキーワードの実際の人気度などを見ます。

後は、実際にグーグルやヤフーので検索をしてみて、検索結果の件数を見ればどれだけ競争率が高いかもわかります。ぼくは競争率を見るときは、正直KEY値より、実際の検索結果の件数のほうが実感がわいてわかりやすいです。

***キーワードアドバイスツールの一覧も参考にして下さい。

この記事をつぶやく! (*゚▽゚)ノ”

Posted 2008-03-16 (Sun) 12:07  Updated 2010-01-03 (Sun) 18:45
Category: ツール紹介・解説   Tag: , , ,

まだコメントがありません。

Comment Closed




ウィキペディアのキーワード検索数を調べるツール – Wikipedia Article Traffic Statistics »
« 画像のSEO対策